2012年06月09日

1/144 Discovery製作 016 ノズル-2

D105.jpgあんまり進んでないんですが、現状報告です。
前回、キットのパーツを利用して構成したノズルですが、いくつか手直ししたいポイントがあって、結局フルスクラッチみたいになってしまいました。

キットでは単なる蛇腹になっている部分。パーティングラインがあるので、溝にも段差ができてしまっています。映画で確認するとこの部分は、円形の板(放熱板?)が7枚重なった形になっています。パーティングラインを消す代わりにこの部分を新造して、劇中の形状を再現しました(ちょっと板が分厚いですけど)。続きを読む / more

2012年06月21日

1/144 Discovery製作 017 ノズル-3

D107.jpg相変わらず進んでません。仕事が忙しいってわけでもないんですが、ムシムシしてきてやる気が…(^^;

引き続きノズルを弄ってます。前回いいところまで進んでいたのですが、どうしてもあの銀の玉に違和感があって、ノズル本体の複製からやり直しました。
銀玉だった部分は、ウォーターラインの60cm探照灯(1/700なので直径1mmちょい)をベースにしたものに変更しました。形状としては円筒です。多分、球の方が「実機」には近いんでしょうけど。
噴射口に近い方には、真鍮線やエヴァグリーンのプラ棒、ジャンクパーツでディティールを追加しました。

D108.jpgプラサフ+グレーサフを吹いた状態。
ディティールはblu-rayの静止画を見ながら、似たような雰囲気にしています。結構間引きしていますし、画面で見えるとおりにはなっていませんが、プラ棒や真鍮線が立体的に交差するように設置してあるので、密度はかなりアップしました。
1本6面、全18面は、ほぼ同じ構造になっているため、作業中、ちょっと飽きちゃいました。

次回はノズルに電飾用配線を施し、リアクターユニットに取り付けるところまでは行きたいと思っていますが、塗装しながらになるので、お天気次第ですかねー。

2012年06月26日

ブラッドベリ

昨年、「ブラッドベリってちゃんと読んだことないな」と、「華氏451度」を買ってきて読み始めたのですが、途中まで読んで他の本に浮気して、中断していました。
今月はじめ、最初から読み直し始めた矢先、ブラッドベリ死去のニュースが…。
何かの縁かと、一気に最後まで…とはいきませんでしたが、ようやく読み終えました。
トリフォーの映画版と違う結末は、厭世的というか、希望的というか、聖書的というか。
川端康成の一節が聞こえてくる映画版のラストも好きですが、こっちのラストもぜひ映像で見てみたかったなぁ。
読み終えて、最近、「能動的に考える」ことをしてないな、と身につまされました。映画版を見ている時にはここまでそう思わなかったというのは、やはりスクリーン(ディスプレイ)の映像を受動的に見ていただけだったからなのかも。
ここでやっている模型製作も、誰かがつくった映画に出てくるメカを、別の誰かがキットにし、僕は与えれた「それ」をいじっているだけ…という気がしないでもありません。

焚書というと、最近では「図書館戦争」が話題ですね。僕もYouTubeでアニメ版を見てみたのですが、中学生が考えたような設定に違和感を感じて3話で止めちゃいました。






タグ:書籍 閑話
chandler2001 at 23:48 | Comment(3) | 一般

2012年06月30日

1/144 Discovery製作 018 ノズル-4

D110.jpgまだノズルやってます。
ノズルの複製には白いレジンAXSON FASTCASTを使って、遮光のためにプラサフ・サフ・シルバー・ブラックを吹き重ねていたのですが、LEDを入れてみたら画像のような「ぼんぼり」になっちゃったのです。
サフを吹き重ねればいいのでしょうが、完全に遮光するにはかなり分厚くする必要がありそう。
そこで試してみたのが…続きを読む / more


  Gallery