2012年09月13日

1/144 Discovery製作 020 プレッシャープレート

D_ex06.jpgご無沙汰しました。携わっている仕事が、どれもぼちぼち終盤に近づき、多少時間が取れるようになってきました。
フリーで仕事をしていると、全く仕事がない時期は不安になるし、仕事がいっぱいのときはへばったりイライラしたりするし、今くらいの時期が精神的にも肉体的にも程よい感じです。

今回はコマンドモジュールの後ろと、リアクターユニットの前にある2枚の円形プレートのディティールアップです。
画像の右半分で分かるとおり、プロップ製作の途中まで、ディスカバリーの中間部がリング(プレッシャープレート)とロッドで構成された円筒に囲まれていたことは、皆さんご存じのこと(?)かと思います。このプレートはその名残とも言えるもの。
久々の模型製作ですので、この辺の作業がリハビリにちょうど良さそうかと、手を着けました。続きを読む / more

2012年09月18日

1/144 Discovery製作 021 頭とお尻

D129.jpg先週末、「特撮博物館」へ行ってきました。
子供の頃、テレビやスクリーンで見ていたメカ(プロップ)の現物が目の前にある、というのは感慨深いものがありますね。上映されていた短編「巨神兵、東京に現る」は全編ミニチュア撮影、CGなし、というのに驚き。
その後、DORO☆OFF展示会へ。「特撮博物館」にあるプロップを見た時、「表面処理は結構雑なんだな」と思っていたのですが、こちらに展示されている作品は、どれも綺麗に仕上げられているし、見えないような細かいところまで作り込まれています。仕事と趣味、どっちの比率が多いかの差でしょうかね。昨年同様、あれだけのものを見せられると凹みますねー(^^;

凹みながらも、ここまでに手を着けていたモジュールをまとめて仕上げ、塗装しました。続きを読む / more

2012年09月29日

1/144 Discovery製作 022 カプラー

D136.jpg今回からはSpine(脊椎)の製作です。
「脊椎」は、心棒(3mm真鍮パイプを使用予定)と、11ブロックに分かれたコンテナ&アンテナモジュール、モジュール間をつなぐカプラー(coupling unit)で構成されています。部品数が多く、バリを取るだけでも結構な時間がかかりました。
一通り整形した後、最初に手を着けたのは、カプラーです。続きを読む / more


  Gallery