2013年03月19日

短期集中! 1/43 デロリアンJr.パートI製作 2 完成!

D15.jpg連載2回目で、もう完成です(^^;
製作工程をお見せするようなところが、あんまり(殆ど)なかったので…。

最初にこの「手乗りアン」画像を持ってきたのは、
「ほら、こんなに小さいんだから、アップで撮影した時、粗が見えても仕方ないよね!」
という言い訳のためでもあります(^^;

D08.jpg唯一撮った製作工程。
シルバーを吹くために、ベースを黒一色にしています。
後部メカ部分は、排気フード以外をニュートラルグレーで塗ってあるのでマスキングしました。
車体色は実写同様ステンレスで塗ろうと思っていたのですが、用意していたMr.メタルカラーのステンレス色は、トップコートを吹くと金属的な光沢が失われてしまう上、触ると手に付くという難点があります。またプラ板に試し吹きしたところ、光の加減でかなり黒っぽく見えてしまうため、スーパーファインシルバー(これもクレオス)にしました。こちらはトップコートをかけても大丈夫で、塗装後の組み立てが楽に行えるメリットもあります。

D09.jpgというわけで完成。定価600円のジュニアですが、こうしてみるとそれなりに格好いいですね。
ボディが一体成形なので塗り分けが面倒、というくらいです。

D10.jpgDMCのロゴもしっかりモールドされています。1文字1mm弱という細かさ。
ヘッドライトはキットのまま手を加えていませんが、できればクリアパーツが欲しかった…。

D11.jpgホイールのモールドも綺麗です。スミ入れが効いて映えました。
車体左側のケーブルのモールドは、赤と黒の2色にしてみました。ケーブル押さえの金具も再現しようか迷いましたが、うるさくなりそうだったのでパス。
他には……天辺にくっついている突起(センサー?)を、キットより少々延長したくらい。

D12.jpg後部メカ。
核融合炉(?)以外はプラパイプや実際の電気コードなどに置き換えています。
ディティールや配色の再現のために映画を見直しましたが、きちんと写っているところがあまりなく、結局ネットで拾ったミニカーのディティールや、同じアオシマ製「1/24デロリアン」の作例サイトなどを参考にしました。
塗った後で気付きましたが、排気フードはシルバーだったのが汚れて(すすけて?)黒くなっているのが正解のようです。
ナンバープレートには、これを進呈するお店の名前を入れました。

D13.jpg1955年からタイムトリップする時に使う竿は、キットのプラパーツがあまりにも短くて太めだったので作り直しました。
0.3mmステンレス線と、一回り大きいアルミパイプ、極細ケーブルの組み合わせです。
この竿を、後部メカに開けた穴に挿せば……

D14.jpgエコでクリーンな雷エネルギー対応車に!車にプルトニウムを積むのは怖すぎます。
映画で使われる竿はもっと長いのですが、置き場所を考えて程ほどにしています。



1/43サイズのミニカーには、車内まで作り込んであるものもあるようです。このアオシマのキットは、そのミニカーの1/11くらいの価格ですから、コストパフォーマンスはいいのかも。
しかもプルバックで走りますからね!…走らせて遊ぶ歳でもないけどね!
今週中に納品してきます。喜んでもらえるといいんだけどなぁ。

なおブルーサンダーも、ブレードやアンテナを接着するだけのところまで来ています。ベースの製作で時間を食ってしまっていますが、今週末には完成しそうです。


この記事へのコメント
完成早っ!
ですがキレイにまとまりましたね
このキット知りませんでしたが
作ってみたいです
HADAKIN at 2013年03月20日 10:51
HADAKINさん
ありがとうございます。
「子供のオモチャ」的スナップキットですが、フォルムはなかなかなのではないかと思います。
chandler2001 at 2013年03月20日 13:40
コメントを書く
お名前 Name: [必須入力 *Mandatory]

メールアドレス E-mail:

ホームページアドレス URL:

コメント Comment: [必須入力 *Mandatory]

認証コード code(below) : [必須入力 *Mandatory]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


  Gallery