完成品ギャラリー Gallery    (完成画像掲載ページへジャンプします)





2013年03月04日

1/48 ブルーサンダー製作 08 ディティール&塗装

BT054.jpg塗装をはじめました。
説明書では本体色としてクレオスの「ブルーFS15044」が指定されていますが、吹いてみると赤みが強く、ちょっとイメージと違います。
で、「ブルーFS15050」という少々明るい青に黒を足した色を重ねました。
機体下面の梨地の部分をより暗いブルー(黒でいいのかも)で塗るため、現在乾燥中。
他に手を着けた部分は…続きを読む / more

2013年02月20日

1/48 ブルーサンダー製作 07 ボディ

BT053.jpg劇中よろしく宙返り…ではなく、単に溶きパテの硬化待ち風景です。
前回は機体左右を合体させたところまででしたが、今はご覧の通り、下面の箱形部分も取り付けてあります。
丸い穴は、電源供給用のジャックです。実機でもここには穴が開いており、キットでもそのモールドを利用して、支柱を取り付けるようになっていました。外観を損ねずにプラグが挿せるのは助かりました。

先日、録画した映画(岡本喜八の『ブルークリスマス』)を見ていたら、そこに登場した自衛隊のヘリにも同じような位置に穴が開いていました。何のための穴なのか気になって調べたところ、ヘリ底面にある穴は、大抵つり下げ用のワイヤーを垂らすためのものらしいですね。貨物とか、消火用のバケツとか、ソナーとか…。
じゃあその前にある楕円は?…ブルーサンダー、あるいはその改造の原型となったガゼル独特のもの?
ご存じの方、いらしたら教えてください。続きを読む / more

2013年02月16日

神田FLUXにて

20130215.jpgSFをコンセプトにしたバー「神田FLUX」へ行ってきました。
プレデターやらマトリックスやらスターウォーズやら、色々な映画のプロップ(レプリカ)が置いてあり、SF映画ファンなら楽しめそう。
トイレの洗面台前にはHAL9000がいて、なにやら話しかけてくれていたのですが、既に2軒目だったこともあり、何言ってたのか覚えてない…。

ご一緒したのはペーパークラフトの達人、uhu02さん。
画像のデューイ(『サイレントランニング』)もuhu02さんの作。触るまで、これが紙でできているとは思えません。ジョウロやトランプなど、映画に登場する小道具も付いていて、マニア心をくすぐります。
このデューイをお土産にいただいて、すっかり上機嫌になった僕は、お店に傘を忘れてきてしまったのでした(^^;

uhu02さんのサイトはこちら
タグ:閑話
chandler2001 at 15:38 | Comment(2) | 一般

2013年02月10日

1/48 ブルーサンダー製作 06 ボディ合体

BT044.jpg寒いですね。寒いのは好きなのですが、換気しながらの模型製作にはつらいシーズン。なかなか手が動きません(^^;

画像は機体左右のポッド(?)。筒状の部分(センサー?)は別パーツなのですが、合わせ目が消しにくく、難儀しました。それでも完全には消えてないのですが、濃いつや消し色を塗ってしまえば目立たないかな、と適当なところで妥協しています。もう少し簡単なパーツ分割にしてほしかったなぁ…。続きを読む / more

2013年01月29日

1/48 ブルーサンダー製作 05 4極ジャック&プラグ

BT042.jpg今回の製作では、ローター回転、コックピット電飾、投光器の3つを別々のスイッチで…と思っていたのですが、問題になるのが回路。
電源供給は一本化したい、でもキット本体にスイッチを仕込むと外観を損ねてしまう(スイッチはベース側に仕込みたい)…。
このジレンマを解決するために買ったのが、画像の「2.5mm径 4極ジャック&プラグ」(マル信無線電機製)。
普通のステレオプラグは、共通1極、右用1極、左用1極なので、共通にマイナス、右にプラスその1、左にプラスその2をつないで並列回路をつくれば、プラグ一本で2系統のオンオフができます。
画像のプラグ&ジャックは4極あるので、3系統に対応できるわけです。
ネットで4極ジャックを調べると、3.5mm径は割とあるのですが、模型向きの2.5mmは唯一、マル信無線電機のカタログに載っているのが見つかっただけ。個人向け通販で取り扱っているお店はありません。
メーカーに問い合わせても直販はしてくれなかったので、秋葉原のマルツパーツに取り寄せてもらいました。
注文時のミニマムロットが心配でしたが、「1個からでも取り寄せます」ということだったので、助かりました(他のお店では50個から、と言われてしまった…)。
また使うこともあるかと、10個ずつ注文。

当初、ガトリングガンを投光器のスイッチ代わりにしようとしていましたが、作業途中で困難だと判明し、どうしようと思っていたんですよね(それで作業が止まっていました)
これでようやく工作が進められそうです。